通夜なしの葬儀とは?

最近は葬儀に対する考え方も様変わりしているため、葬儀のスタイルも多様化しています。

千葉でも家族葬は増えていますが、家族葬と基本的な部分は同じで、通夜を行わない一日葬というのもあります。

・一日葬とは?

一日葬というのは通夜を行わず、葬儀と火葬のみを行う葬儀の新しいスタイルです。

実際に千葉でも一日葬の葬儀は行われています。

葬儀をしても参列者がいないような場合は、直葬という選択肢もありますが、直葬では余りにも簡易化しすぎると感じる人もいます。

そういう時に一日葬にする事で、故人を偲びゆっくりとお別れをする事ができます。

・一日葬の流れ

通夜をせず葬儀と火葬だけといっても、日本の法律では死後24時間以上経過しないと火葬ができません。

一日葬の場合は一旦遺体を安置する場所を確保しなければいけませんから、葬儀屋に依頼するのが無難です。

自宅か専用の安置所で対応します。

家族だけで見送る場合は、自宅に安置してゆっくりとお別れをする事ができます。

その後葬儀を行い、火葬という流れになります。

火葬場はすぐに対応できるとは限らないので、安置場所は必要となります。

・まとめ

通夜を行わない分、遺族の精神的や体力的な負担は軽減されます。

しかし家族葬や直葬と同じく、後から訃報を聞き弔問に来る人はいますから、この場合はその都度対応しなければいけません。

一日葬は家族葬と直葬の、ちょうど中間といった感じです。

どのスタイルにするかは、家族や親族とよく話し合って決める事が大切です。